当社では、さまざまなエコ活動に取り組んでおります。その一部についてご紹介いたします。


地球温暖化防止運動、「チャレンジ25キャンペーン」

2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で温室効果ガス25%削減することを表明されました。
政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より、新たに展開しております。

当社ではこのチャレンジ25キャンペーンへ参加をし、事務所内において温室効果ガス削減につながる省エネなどに取り組んでいるのをはじめ、お客様へ提供する商品に関しては環境配慮製品を推薦しております。
環境配慮製品を使用することにより、結果的には温室効果ガス削減につながるものと考え、ケミカルなどではジョンソンディバーシー社の環境にやさしいJ-Green認証製品やCASBEEの判定仕様に適合した製品、施設用品などでは山崎産業などのエコマーク商品やグリーン購入法適合品などを推奨しております。


カーボンオフセットエコ素材名刺

当社の名刺は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを、名刺100枚につき36.5sをインドにある製紙工場が設置した風力発電施設のクリーンエネルギー事業を通じて打ち消し、削減(カーボンオフセット)しております。

また名刺の素材は、木材を原料とした用紙ではなく、ケナフ(非木材繊維資源)を原料とした用紙を使用しております。
ケナフとはアオイ科フヨウ(英名:ハイビスカス)属の一年草で、春に種をまくと夏には3〜4mに成長し、ハイビスカスに似た花を咲かせます。 成長が早く、 二酸化炭素を一般の樹木の4倍以上吸収するため、空気が浄化され地球温暖化にストップをかける環境保全植物として注目されています。また、ケナフの茎から は木材パルプに似た良質な紙が作れます。一年草ですから毎年収穫ができ、木材に代わる資源(非木材原料)としても期待されています。

普段何気なく使用している名刺からでも、地球環境にやさしく温室効果ガス削減に貢献できると考え、このような名刺を採用しております。

ケナフ

Copyright©2009-2010 Daisho Co.,Ltd. All Rights Reserved.